お使いのブラウザは本サイトではサポートされておりません。

お知らせ

トピック

2019.8.13

『記憶にございません!』
政治とエンタメの相性の良さを新発見。

FORUM SELECTION

 

記憶にございません!02 

 

 

 6月に封切られスマッシュヒットとなった『新聞記者』に続き、政治をエンターテイメントにした『記憶にございません!』がいよいよ公開となります。『新聞記者』の製作に企画から関わった河村光庸プロデューサーは「政治に無関心な若い人が増えている。民主主義の放棄だ。多くの人に見てもらうため、政治をエンターテインメントにした。」と語っています。実際に世代別投票率を見ると、60代の72%から始まって、10歳若返るごとに10%ずつ下がり、20代はなんと33%となっています。近い将来、日本が民主国家として成り立たなくなるのでは、と危惧する数値です。

 

 

記憶にございません!03 

 

 

 まったく毛色が違う作品のようですが、『記憶にございません!』は政治をテーマにした上質なエンターテインメント作品です。ある日、目が覚めると一切の記憶がなく、どうやら自分は総理大臣らしい、という興味を引く設定で、世代を超えて楽しめるコメディとなっています。いったい総理大臣とは何をする仕事なのか。政治の仕組みとはどうなっているのか。そもそも政治はどんな役に立っているのか。大人でも自信を持って答えられる人は少ないかもしれません。映画を観ることで、総理大臣の世界を体感しながらそのヒントを得ることができます。

 

 

記憶にございません!04 

 

 

 先ほどの世代別投票率ですが、今の60代が20代だった頃は投票率63%からスタートして、60代で72%まで上昇しています。今の50代は、58%からスタートして現在63%。今の40代は、36%からスタートして現在53%。どうやら年齢とともに投票率は上昇していくようです。映画というエンターテインメントを通して、近寄りがたい政治というものに関心が高まっていくことを期待して、フォーラムシネマネットワークでは、投票したことを証明するとサービスをうけられるという「センキョ割」に参加することにしました。ぜひ選挙があるときにはご利用いただきながら、映画をお楽しみください。

 

 

 (フォーラムシネマネットワーク番組編成 長澤 純)

 

作品詳細はこちら

(C)2019 フジテレビ/東宝

 

 

 

 

 

最近のお知らせ

イベント

2019.12.5

『アナと雪の女王2』待望の応援上映開催決定!

イベント

2019.11.29

1/10(金)新春特別企画!復活上映決定!『プロメア』前日譚 ガロ&リオ編 付上映 1/11(土),12(日)マサラ応炎上映開催決定!!

お知らせ

2019.11.29

劇場のオープン時間について

キャンペーン

2019.11.22

11/26(火),12/3(火),10(火),17(火)、はアナ雪チューズデー

イベント

2019.11.20

11/30(土)『米軍(アメリカ)が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯』佐古忠彦監督 舞台挨拶開催決定!

過去のお知らせ