お使いのブラウザは本サイトではサポートされておりません。

東京アディオス

  • R15+
  • 2/26(金)公開

大ヒット番組『Mr.マリック超魔術シリーズ』や、衝撃的な連続ドラマ『女王の教室』など、数多くのテレビ番組制作を経て、満を持して映画監督デビューを果たした奇才・大塚恭司によって創られた本作。主演は、大塚監督をして過去35年間で出会った中で最高におもしろい芸人と言わしめる、本人役の横須賀歌麻呂。

舞台は東京、全く売れない芸人たちだけが生息する「お笑いアンダーグラウンド」。そこで、「地下芸人の帝王」と呼ばれる横須賀歌麻呂は、日夜過酷なバイトと全く金にならないライブでの新ネタ作りに追われていた。彼の創作の原動力は、とにかく客を笑わせたいという本能と、絶好調のライブに必ず現れる一人の女性客。彼女の励ましによって、横須賀は単独ライブの大成功を強く決意する。しかし、彼を取り巻く現実はあまりにも過酷だった。やがて横須賀は肉体的にも精神的にもボロボロの状態に追い詰められる。現実と幻想、愛と暴力、破滅と救済、あらゆる矛盾を脳内に抱え込む横須賀、その創作活動は狂気と妄想に取り憑かれていく…果たして、彼を救うものは現れるのか!?

横須賀のミューズでもあるヒロインには、グラビアクイーンとして人気を博し、現在は女優として活躍する柳ゆり菜。ミステリアスな世界観で人々を魅了するアーティスト「水曜日のカンパネラ」のコムアイ。甘いマスクと圧倒的な演技力で映画・テレビで大活躍中の玉山鉄二。超演技派映画俳優の村上淳。演劇界で絶対的な信頼を受ける女優、占部房子。「人志松本のすべらない話」に抜擢され、地下芸人から奇跡のゴールデンタイム進出を果たしたチャンス大城。人気劇団「カムカムミニキーナ」の看板女優、藤田記子。そして、大塚が岡山県の山中から連れてきた神秘の新人俳優、柴田容疑者。脇を固める、いずれも個性あふれる面々の演技にも注目だ。そして、伝説のバンド「東京ブラボー」「KINOCOSMO」のギタリスト、ブラボー小松が初の映画音楽を手掛ける。

 

 

予告編

※予告編をご覧いただけます。

【公開日】
2021年2月26日
【レイティング】
R-15映画
【上映時間】
108分
【監督】
大塚恭司
【出演】
横須賀歌麻呂/柳ゆり菜/コムアイ/村上淳
【上映期間】
2/26(金)~3/4(木)予定
公式サイトへ
公式サイトへ

【公開日】
2021年2月26日
【レイティング】
R-15映画
【上映時間】
108分
【監督】
大塚恭司
【出演】
横須賀歌麻呂/柳ゆり菜/コムアイ/村上淳
【上映期間】
2/26(金)~3/4(木)予定