お使いのブラウザは本サイトではサポートされておりません。

エゴイスト

  • R15+
  • 2/10(金)公開

原作は数々の名コラムを世に送り出してきた高山真の自伝的小説『エゴイスト』。

『トイレのピエタ』『ハナレイ・ベイ』など人の心の澱を深く抉る作品で知られる松永大司監督が、ドキュメンタリータッチの映像で、登場人物たちの間に流れる親密な温度感や、愛ゆえに生まれる葛藤を繊細に伝える。
主人公の浩輔を演じるのはストイックさと深い洞察力で数々のキャラクターに命を吹き込んできた鈴木亮平。本作では強さと脆さを同居させた生々しい演技で新たな境地を開拓した。

浩輔の恋人である龍太役には話題作への出演が続く宮沢氷魚。その透明感あふれる儚い佇まいが愛を注がれる純粋な青年というキャラクターに説得力を与えている。

また、龍太の母、妙子役の阿川佐和子は、主人公の人生観に影響を与えるキーパーソンともういうべき人物をナチュラルかつ圧倒的な存在感で演じている。すべての人に愛を問いかける感動のヒューマンドラマは、公開に先立って行われた東京国際映画祭でも高い評価を得た。

 

14 歳で⺟を失い、⽥舎町でゲイである⾃分を隠して鬱屈とした思春期を過ごした浩輔。

今は東京の出版社でファッション誌の編集者として働き、仕事が終われば気の置けない友人たちと気ままな時間を過ごしている。そんな彼が出会ったのは、シングルマザーである⺟を⽀えながら暮らす、パーソナルトレーナーの龍太。
自分を守る鎧のようにハイブランドの服に身を包み、気ままながらもどこか虚勢を張って生きている浩輔と、最初は戸惑いながらも浩輔から差し伸べられた救いの手をとった、自分の美しさに無頓着で健気な龍太。

惹かれ合った2人は、時に龍太の⺟も交えながら満ち⾜りた時間を重ねていく。亡き⺟への想いを抱えた浩輔にとって、⺟に寄り添う龍太をサポートし、愛し合う時間は幸せなものだった。しかし彼らの前に突然、思いもよらない運命が押し寄せる――。

 

 

予告編

※予告編をご覧いただけます。

【公開日】
2023年2月10日
【レイティング】
R-15映画
【上映時間】
120分
【監督・脚本】
松永大司
【原作】
高山真
【脚本】
狗飼恭子
【出演】
鈴木亮平/宮沢氷魚
公式サイトへ
公式サイトへ

【公開日】
2023年2月10日
【レイティング】
R-15映画
【上映時間】
120分
【監督・脚本】
松永大司
【原作】
高山真
【脚本】
狗飼恭子
【出演】
鈴木亮平/宮沢氷魚