お使いのブラウザは本サイトではサポートされておりません。

お知らせ

トピック

2018.3.6

不思議な魅力に満ちたファンタジー・ロマンス『シェイプ・オブ・ウォーター』

FORUM SELECTION

 

 

☆祝☆ 第90回 アカデミー賞

 作品賞/監督賞/美術賞/作曲賞 受賞!!

 

 

 昨年12月のある日、『リメンバー・ミー』『スリー・ビルボード』『シェイプ・オブ・ウォーター』の試写を続けて観るという衝撃の一日を過ごしたのですが、最後に観た本作は不思議な魅力に満ちていて幸せな気分で帰路につきました。

 

 

シェイプ・オブ・ウォーター-01 

 

 

 『シザー・ハンズ』『オペラ座の怪人』『美女と野獣』など、マイノリティに惹かれていく主人公の気持ちになぜここまで感情移入できるのか? それは誰しも同じように疎外感を感じたり、自分だけ周りと違っていることを恐れたりしているからではないでしょうか。本作のイライザは、幼いころのトラウマから声を出すことができません。毎日決まった時間に起き、決まった日課をこなし、機械的に自宅と職場を往復する生活。心を開く相手は同僚のゼルダとアパートの隣人ジャイルズのみ。そんな彼女が“彼”に出会うことで、すべてが変わっていきます。

 

 

シェイプ・オブ・ウォーター-02 

 

 

 とにかくセリフなしでヒロインの心の変化を表現したサリー・ホーキンスの演技が光ります。手話を使って悲しみを訴える姿は、静かさも相まって荘厳とすら感じます。彼女の実力を見抜き、彼女を想定して脚本を書いたデル・トロ監督は先見の明があり過ぎです。二面性のある悪役を演じたマイケル・シャノンをはじめ、脚本は特定の役者を想定して書かれており、絶妙なアンサンブルが成立しています。

 

 

シェイプ・オブ・ウォーター-03 

 

 

 とても人間的な温かいラブストーリーでありながら、神話のようでもある奇跡のファンタジー・ロマンスです。サスペンスの要素も多く、ハラハラさせる展開となりますので、老若男女問わずどなたにでも十分楽しんでいただけます。全編に流れる音楽も美しく印象的。アカデミー賞の受賞記録も気になりますが、観れば長く記憶に残る1本となります。ぜひご覧ください。

 

 

(フォーラムシネマネットワーク番組編成 長澤純)

 

 

 

(C)2017 Twentieth Century Fox

 

 

最近のお知らせ

お知らせ

2018.10.16

劇場のオープン時間について

イベント

2018.10.11

【井浦新さん来場決定!】10/28(日)『止められるか、俺たちを』舞台挨拶上映

4DX

2018.10.10

10/19(金)~『名探偵コナン ゼロの執行人』4D執行上映 先着入場者プレゼントあり!

お知らせ

2018.10.9

【更新】樹木希林さん追悼上映

キャンペーン

2018.10.1

『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』プレゼントキャンペーン!

過去のお知らせ