お使いのブラウザは本サイトではサポートされておりません。

人生をしまう時間(とき)

人生の終わりに医療ができることとは何か―。かつて東大病院在籍時に名外科医として知られた小堀鷗一郎氏が医師生活の最後に選んだのは、在宅による終末期医療。ときに難問に直面しながらも、患者と家族に寄り添い合って奔走する80歳の医師の姿を通して、在宅死の現実を克明に映し出す。日本医学ジャーナリスト協会賞大賞を受賞したNHKドキュメンタリー「在宅死 “死に際の医療” 200日の記録」に新たなシーンを追加して劇場公開。

 

予告編

※予告編をご覧いただけます。

【公開日】
2019年11月8日
【上映時間】
110分
【監督・撮影】
下村幸子
【プロデューサー】
福島広明
【出演】
小堀鷗一郎/堀越洋一
公式サイトへ

チケットの購入

ご希望の日付と時間を選択し、購入画面へお進みください。

公式サイトへ

【公開日】
2019年11月8日
【上映時間】
110分
【監督・撮影】
下村幸子
【プロデューサー】
福島広明
【出演】
小堀鷗一郎/堀越洋一