お使いのブラウザは本サイトではサポートされておりません。

21世紀の資本Capital in the Twenty-First Century

  • 4/3(金)公開

経済書として異例のベストセラーを記録し、日本を含む世界中で一大ブームを巻き起こしたトマ・ピケティ著の「21世紀の資本」。難解な内容と700ページを超えるボリュームのため、一般人には完読困難ともいわれてきた同書を、ピケティ本人の監修・出演で誰にでも分かりやすく映画化! 名作映画や小説をふんだんに使いながら「資本」がたどってきた歴史を解説する。格差はなぜ無くならないのか? 資本主義が進む未来とは? 現代人必見のドキュメンタリー!

 

予告編

※予告編をご覧いただけます。

【公開日】
2020年4月3日
【上映時間】
103分
【監督・脚本】
ジャスティン・ペンバートン
【原作・監修・脚本】
トマ・ピケティ
【音楽】
ジャン=ブノワ・ダンケル
【日本語字幕】
山形浩生
【出演】
トマ・ピケティ/ジョセフ・E・スティグリッツ
公式サイトへ
公式サイトへ

【公開日】
2020年4月3日
【上映時間】
103分
【監督・脚本】
ジャスティン・ペンバートン
【原作・監修・脚本】
トマ・ピケティ
【音楽】
ジャン=ブノワ・ダンケル
【日本語字幕】
山形浩生
【出演】
トマ・ピケティ/ジョセフ・E・スティグリッツ