お使いのブラウザは本サイトではサポートされておりません。

お知らせ

トピック

2019.10.11

女優にとっての「真実」とは?

FORUM SELECTION

 

真実-01 

 

 

 是枝裕和監督が、映画界の至宝カトリーヌ・ドヌーヴとジュリエット・ビノシュでフランス映画を撮る―。映画ファンにとってはこれだけで胸躍る大事件です。「いつか一緒に映画を撮りましょう」というビノシュと10年以上の交流を経て、お互いにアイデアをやり取りしながら形作ってきたという本作で、是枝監督は海外で最も尊敬する二人の女優の初共演を叶えました。

 

 

真実-03 

 

 

 「女優とは、演じるとは何か」という問いを、軽やかな家族ドラマで探求する本作の主人公は、監督がドヌーヴへのロングインタビューをもとにして書き上げたというパリ在住の国際的大女優・ファビエンヌ。女優としての自分が何より大事な彼女は、歯に衣着せぬ物言いで周囲の人間を振り回しますが、ワガママながらもチャーミングでどこか憎めません。ビノシュが演じるのはその娘で、女優になる夢をあきらめて脚本家になったリュミール。「真実」と題されたファビエンヌの自伝本が出版されることになり、ニューヨークから夫と娘を連れて帰国します。夫を演じるイーサン・ホークには、『6才のボクが、大人になるまで。』など長年に渡るリチャード・リンクレイター監督との仕事ぶりに惚れ込んだ是枝監督が、直談判で出演を取り付けました。フィクションとノンフィクションが融合した作風は、是枝監督とも似ていますね。

 

 

真実-02 

 

 

 劇中、一晩で自伝本を読み終えたリュミールが「この本のどこに真実があるのよ!」とファビエンヌに食って掛かると、「事実なんて退屈だわ」とさらりと言ってのけるシーンが印象的です。そもそも、演じることを生業とする女優にとって、「嘘」というものは存在するのでしょうか? 私生活にあっても常に誰かを演じているかのような、ファビエンヌの台詞や表情、そして仕草の一つ一つがカリスマに満ちていて、その存在感に釘付けにされてしまいます。幼少の時から十分な愛情を注いでくれなかった母に対する愛憎、尊敬、嫉妬などが複雑に絡み合うリュミールもまた、いくつもの役を演じる女優のように見えてくるから不思議です。

 

 日本人監督初の快挙として、ヴェネチア国際映画祭でオープニングを飾った本作は、熱烈なスタンディングオベーションで迎えられました。フランス映画のエスプリと是枝節が絶妙にミックスした世界を、ぜひ体感してください。

 

 

 (フォーラムシネマネットワーク番組編成 長澤 綾)

  

(C)2019 3B-分福-MI MOVIES-FRANCE 3 CINEMA

 

 

 

 

 

最近のお知らせ

お知らせ

2020.2.22

アカデミー賞作品 公開情報(随時更新)

お知らせ

2020.2.22

3/13(金)~4/16(木)香港電影節2020春@フォーラム仙台

お知らせ

2020.2.20

劇場オープン時間と駐車場について

トピック

2020.2.15

渦中の映画であり、現在進行形の映画ともいえる 『Fukushima 50』

トピック

2020.2.14

寅さんの集大成にして入門編 『男はつらいよ お帰り 寅さん』

過去のお知らせ