お使いのブラウザは本サイトではサポートされておりません。

たぶん悪魔がLe diable probablement

1970年代のパリ。美貌の青年シャルルは自殺願望に取り憑かれていた。何をしても誰と過ごしても違和感と虚無が募るばかりの彼が取った行動は―。破局へ向かうかに見える世界と若者の絶望を対比させ、冷厳を極めたブレッソン芸術において遺作『ラルジャン』と並ぶ最高到達点。

■第27回ベルリン国際映画祭 銀熊賞 (審査員特別賞) 受賞

予告編

※予告編をご覧いただけます。

【公開日】
2022年5月27日
【上映時間】
97分
【監督】
ロベール・ブレッソン
【出演】
アントワーヌ・モニエ/ティナ・イリサリ/アンリ・ド・モーブラン/レティシア・カルカノ
【上映期間】
5/27(金)~6/2(木)
公式サイトへ

チケットの購入

ご希望の日付と時間を選択し、購入画面へお進みください。

公式サイトへ

【公開日】
2022年5月27日
【上映時間】
97分
【監督】
ロベール・ブレッソン
【出演】
アントワーヌ・モニエ/ティナ・イリサリ/アンリ・ド・モーブラン/レティシア・カルカノ
【上映期間】
5/27(金)~6/2(木)