お使いのブラウザは本サイトではサポートされておりません。

ザ・スクエア 思いやりの聖域The Square

  • 6/1(金)公開

現代美術館のキュレーター、クリスティアンは展示会で「ザ・スクエア」という作品を発表。「その中ではすべての人が平等の権利を持ち、公平に扱われる」という「思いやりの聖域」をテーマにした参加型アートで、現代社会に蔓延するエゴイズムや格差問題に一石を投じる狙いだった。だが、ある事件を機に、「スクエア」は彼の社会的地位を脅かすものになってゆく。『フレンチアルプスで起きたこと』のリューベン・オストルンド監督が、生きていくことの本質を痛烈な皮肉と笑いで描く意欲作。

第70回カンヌ国際映画祭 パルムドール受賞

予告編

※予告編をご覧いただけます。

【公開日】
2018年6月1日
【上映時間】
151分
【監督・脚本】
リューベン・オストルンド
【出演】
クレス・バング / エリザベス・モス / ドミニク・ウェスト
【上映期間】
6/1(金)~6/7(木)
公式サイトへ
公式サイトへ

【公開日】
2018年6月1日
【上映時間】
151分
【監督・脚本】
リューベン・オストルンド
【出演】
クレス・バング / エリザベス・モス / ドミニク・ウェスト
【上映期間】
6/1(金)~6/7(木)